洗眼液 トリ・ウォッシュ

s_トリウォッシュ2[1]

s_トリウォッシュ3[1]



今日、やっとインドからの荷物が届きましたー!!

ちょっとトラブルが発生した為、福岡に1週間ほど

留まっていましたよ(´-ω-`)


さて、極々一部の方には予告していたんですが、

トリ・ウォッシュという洗眼液を、今度新たに出品する

予定です。


実は私、左目が黄斑変性症なので、目のケアには

これでもか!というくらい、気を遣っています。

最初は、トリファラを落札してくださった方に、ご希望で

洗眼カップを付けて差し上げようと思い、Aさんに

洗眼カップを探してもらっている最中に、この商品に

出くわしました。



A: 「洗眼カップ、なかなか見つからないです。

   トリファラジャンのアイウォッシュには付いてるん

   ですけど、単体のはなかなか見つからないですね。」



私: 「トリファラジャンのアイウォッシュ!?そんなのが

   あるんですか?」



A: 「はい。」


私: 「それ、めっちゃ興味あります!送ってください!」



ってなわけで、先ずは1本、お試し用に送ってもらいました^^

でも、よくよく考えてみたら、液体なので、防腐剤が

入っていたら嫌だな~と警戒していたんですが、

届いて封を開けてみたら、カンファー(樟脳)の強烈な

香りが漂いました。あぁ、カンファーを防腐剤代わりに

使ってるんだな。さすがインド!と思ったんですが、この

製品はイスラム系医療の製品でした。(あの沁みる目薬、

トリファランジャンを製造している会社です。)


しかし、この香りって、どこかで嗅いだことのある香り

なんだけど、思い出せない…。

暫くして、思い出しました。


キンカン!(これを知ってる人は、年がバレますなw)


キンカン塗って~ ま~た塗って~♪ 

元気に陽気にキンカンコン♪



ダメだ、この歌、一旦出てくると、暫くはずっと頭の中で

リピートされるんですよ^^;



すみません、話を戻して…


使用感は、私的にはすっごく良いです!!!

カンファーの刺激臭がちょっと強いのですが、

不思議なことに目には全く沁みません。

そう、目には沁みないんですが、目を浸けている時間が

長くなると、目の周りの皮膚が段々痛く感じてきます。

冷た過ぎて、痛く感じる感覚と同じです。

でも、

洗眼後の目の爽快感は、ピカイチ☆

目のケア用品の中で、ダントツ1位です!


爽快感もさることながら、目が軽くなり、

視界も明るくなります。そして、何より、

持続時間が長い! 1回洗眼すると、

半日くらいは目の状態が良いです。

(私の場合ですが)


そして、飛蚊症の症状が大分軽減します。

視界の中で黒くてふよふよ浮いていたものが、トリ・

ウォッシュで洗眼したら、大分なくなりました。

(飽くまでも、私の場合です)



洗眼後の液を見ると、結構な量の眼脂が溶け出して

いるのが判ります。表面に油が浮いているから。

普通、生理食塩水で長~い時間洗眼すると、眼脂が

必要以上に洗い流されてしまい、目の乾燥感が

半端なくて辛くなるんですが、トリ・ウォッシュはそれ

以上の量の眼脂が流れ出るのに、乾燥感は全く

感じません。

多分、カンファーの刺激で麻痺してるんだと思いますが^^;



でも、 カンファーって、すごいですね!

調べてみたら、楠の枝葉を蒸留して得られる

無色半透明の結晶なんだそうです。

私、初めて知りました^^;



樟脳は皮膚から吸収される際にメントールのような清涼感をもたらし、

わずかに局部麻酔のような働きがあるといわれています。

飲み込んだ場合には有毒であり、発作が起こる可能性があるため、注意が必要です。

しかし、樟脳は太古の昔より医薬品として服用もされてきたものです。

たとえば、のどあめやうがい薬、歯磨きや湿布や軟膏など幅広い用途で使用されています。

他の医薬品同様、用量・用法を守ることが大事です。

血行促進作用や鎮痛作用、消炎作用などがあるために主に外用医薬品の成分として

使用されています。かつては強心剤としても使用されていたため、ほとんど用いられなく

なった現在でも、「駄目になりかけた物事を復活させるために使用される手段」を

比喩的に「カンフル剤」と例えて呼ぶことがあります。




カンファーの他に、強い冷却作用のあるローズウォーターが

半分近く配合されているようです。カンファーの香りに掻き

消されていますが^^;

色は付いてなくて、見た目はただの水のようです。




【トリ・ウォッシュの成分】

ローズウォーター 48.180%

水 48.180%

クスノキ(カンファー) 03.340%

ミント水 00.200%

アムラ 00.034%

ウシタキソウ 00.033%

ハリタキ 00.333%





【2016年10月18日 追記】

内容量が少ないので、1日2回きっちり使い続けると、10日程で

なくなってしまうトリ・ウォッシュ 。あまりに勿体ないので、私は

みみっちい使い方をしていますw


・汚れが少ない時は、洗眼カップに注いだ1回分で両目を洗う。

 (本来は片目ずつ、ちゃんと使い分けた方が良いと思うのですが、

 感染症を併発していない限りはいいかな~と思います。)


・トリ・ウォッシュ1/2~2/3 : 生理食塩水1/2~1/3くらいの割合で

 薄めて使う。刺激が強いので、これくらい薄めて使っても、

 全然効果は薄れません。これで、かなり経済的に使えます。



トリ・ウォッシュ や トリファラ の上澄み液で洗眼している方、

どんな感じでされているでしょうか?

洗眼カップをあてがったまま、目を上下左右、時計回り、

反時計回りに動かすのは勿論だと思うのですが、それプラス

最後に目を思いっきりギュッ(>_<)と閉じた後、

パッと開くことを何度かすると、目の奥に

入り込んだ眼脂や埃等ががよく除去できます。



これをするのとしないのとでは、随分違います。

よろしければ、お試しください^^




大変申し訳ございませんが、現在この商品はお取り扱いして

おりません。何卒ご了承くださいますよう、お願い致します。



ただ、トリ・ウォッシュは手作りできます。

少し手間は掛かりますが、材料費を考えると作った方が絶対

安上がりなので、興味を持たれた方は是非、トライしてみて

くださいね!作り方は

眼精疲労・充血等に / トリ・ウォッシュの作り方

をどうぞ。





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 2

-  2018, 03. 29 [Thu] 09:35

飛蚊症で検索してこちらにたどり着きました。

トリ・ウォッシュのお取り扱いを止められたのは何か特別な理由がありますか?

とても興味があり試してみたいのですが、何か商品に問題が見つかったのかなと心配になりまして。

Edit | Reply | 

ガーネット  2018, 03. 31 [Sat] 20:11

はじめまして^^

お返事が遅くなってしまいまして、申し訳ありません。

インドは元々、法律で液体ものの運送は国外だけでなく国内すら
できないことになっているそうなんですが、少し前までは規制が
かなり緩かった為、オイル類を始めトリ・ウォッシュも難なく
税関を通過できていました。
ところが、去年の夏頃より一斉に液体ものは全て弾かれるように
なったそうで、インドの法律が変わらない限り、未来永劫入手
不可能になってしまったのです。
大変残念なんですが、インドへ直接買いに行く他、入手する
術はなさそうです。

ただ、私も今まで何年かトリ・ウォッシュを愛用してきて、
使えなくなるのは非常に困るので、成分表を見ながら自作する
ことに成功しました。
もしよろしければ、下記の記事をご参考に手作りされてみて
ください^^ ちょっとめんどくさいんですが、使い心地は
本物のトリ・ウォッシュと殆ど変わりませんので。

http://garnett2004.blog.fc2.com/blog-entry-381.html


よろしくお願い致します<(_ _)>

Edit | Reply |