その後のくろちゃん^^

う~~~ 相変わらず時間がなくて、なかなかまともに

更新ができなくてすみません(>_<)



くろちゃんのその後のお話です。

皆さまから気に掛けて頂いて、くろちゃんは本当に幸せ

者だと思います^^ ありがとうございます。



私の家に来た時は、食べもせず飲みもせず、排泄もせず、

ずーーーーーーっと、ただひたすら眠ってばかりいたので、

もしかしてこのまま意識が…などと余計な心配ばかりして

いたんですが、動物病院の先生宅へ戻ってからは、何事も

なかったかのように普通に機嫌よくご飯を食べ、うんちや

おしっこもしたそうです。


ただ、先生が仰るには、もしかしたら頭を強く打ったせいで

ナルコレプシーになってしまったのではないかとのこと

でした。

※ナルコレプシー(睡眠発作病)とは

突然崩れ落ちるように深い眠りにつき、暫くすると何事も

なかったように起きて活動を始めます。症状は、どんな場所

でも起きる可能性があり、それが続く時間もほんの数秒

から30分近くまで様々です。




本当にこんな感じだったので、ものすごく落ち込みました。

でも、翌日は元気になったと聞き、ホッとしたのも束の間、

今日、電話でお話をお伺いしたら(またしても残業で会いに

行けなかったので)、昨日はめっちゃ興奮状態が続いて

ご飯を食べないくらいだったけど、今日はまたネムネムして

いると聞き、やはり後遺症的なものは残るのかもしれない…

とまたちょっと落ち込み…。

時間が経つと共に、回復してくれると良いのですが…。



一応、 ブラーミ トゥルシ を先生に渡して、よろしかったら

くろちゃんに飲ませてくださいとお願いしました。

ブラーミは脳機能の回復に一役買ってくれると思うので、

ナルコレプシーかもと言われた翌日に持って行きました。

トゥルシは、私の直感。何故か判らないけど、ブラーミより

トゥルシの方が強く出てくるので、きっと必要なのでしょう。



先生の娘さん(小3と小6)は、くろちゃんが可愛いと言って、

ずーっと奪い合いの抱っこをしているそうですw

くろちゃんは多分、自分の置かれている立場がよく判って

ないらしく、ずっと無抵抗なんですよね。

目薬を点す時も何の抵抗もしなかったので、もしかしたら

頭がまだ朦朧としている時が多いのかもしれません。



また、昨日辺りから噛み癖が出てきたとのこと。

噛み癖を直すには色々な方法があるのですが、噛もうとしたら

或いは噛んだ時に、首根っこをひょいと摘むとやめるのだそう

です。あ~!それって、母猫が首根っこをくわえて躾ける時と

同じだ!とすごく納得しました。


これを早く知ってたら、白王子にもやったのにな~!

(白王子は生後2ヶ月の、親兄弟と遊びながら噛み加減を

学習していくべき時期に家へ貰われてきたので、噛み加減を

知らない大人になってしまったのです。だから、じゃれて

噛まれた時は痛いんです(>_<))



先生宅のねこちゃんとも対面して、最初だけいっちょ前に

シャー言うたらしいんですがw、とっても大人しくて優しい

ねこさんなので、くろちゃんも直ぐに打ち解けて仲良くなった

そうです^^



完全に健常には戻らないかもしれないけど、それでも

折角助かった命だから、ガーネットさんから預かったのだから、

責任を持って私が育てますと仰ってくださった先生。

本当に良い先生に巡り合えて良かったと思います。

白王子も今後は、先生に診てもらう予定です。

くろちゃんのお陰で、本当に良い先生に巡り会えました。

くろちゃん、ありがとう^^



また、近況を記事にしますね!^^



IMG_20170604_092420.jpg
それにしても、黒の被写体は撮るのがムズいっすな~!^^;



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0