感動!滞在アーユルヴェーダ体験談 その1

6月24(土)~25日(日)、宮崎の 幸田さんのサロン

メニューにある「滞在アーユルヴェーダ」を体験して

きました!


「体験談、楽しみに待っています^^」と仰る方が多かった

ので、もっと早く記事にしたかったんですが、なかなか

時間が取れず、今になってしまいました。



幸田さんから事前に、希望の施術がありますか?と

訊かれたので、色々悩んだ末、決めたのは


●1日目

アビヤンガとシロダーラ



●2日目

ピンダスウェダとネトラタルパナ&トークセン



でした。トークセンはアーユルヴェーダではなく、タイで

発祥した伝統療法の一つなんだそうですが、前々から

興味があったので、オプションで付けて頂いたのでした^^




<1日目> アビヤンガとシロダーラ

アビヤンガは以前にも体験していたので、前回より

リラックスして受けられました^^ 前はウトウト~入眠

しながら受けたのですが、今回は幸田さんと楽しく

お喋りしながらできたので、体にも意識を向けることが

できて良かったと思います。

頭のてっぺんから足のつま先までオイルで丁寧に

マッサージされるので全身がすごく緩み、心身共に

深~~いリラックスができます。



そしてその後、初のシロダーラ体験!

img113[1]


シロダーラって、おでこの真ん中辺りにオイルをチョロ

チョロと垂らすイメージがありませんか?

こんな感じ↓


069583930d08b9a5cb2179c7e6bcebc8[1]


私も体験するまではずっとそう思っていたんですが、実は

そうではないらしく、オイルを垂らす位置を髪の毛の生え際や

前頭部の前後左右に少しずつ移動させ、片手で優しく

撫でながら、オイルを万遍なく頭全体に行き渡らせるように

施術してくださいました。

イメージ↓

1_1[1]


ただオイルをタラタラとおでこ1ヶ所に垂らし続けるだけ

ではないんですね。多分、脳全体をマッサージする

イメージで施術されるのではないでしょうか。


上の画像は目に何も乗せていませんが、幸田さんは

ローズウォーターを浸したコットンを両目に乗せて

くださいました。その香りがとても素敵で、それだけでも

癒されました^^

てか、途中から完全に意識が空の彼方へぶっ飛び、

気が付いたら「え?いつの間に寝ちゃってたの?σ(¨ )」

ってくらい、気持ちよ~く爆睡してましたw



余談ですが、「生活の木」でもアーユルヴェーダを一部

取り入れているらしいんですが、何と、自動シロダーラ機

なるものがあるそうです。

機械が、おでこに一定の速さと量のオイルを流し続けて

くれるらしいんですが、そんなのはシロダーラとは言えない

と思います。美容室の自動シャンプー機じゃあるまいし!

そんな機械を取り入れている人の感性を疑ってしまいますね。




さて、全て終了してから幸田さんから


「何か、ストレスや色んなものが溜まっていたみたいで

手がビリビリしました^^;」



と言われ、大してストレスの自覚はなかったのですが

(いつもそうなんですが、これが性質が悪い!)、後々

話をするうちに、PCやタブレット等を長時間見続けている

ことによる悪影響なのでは?という話になりました。

そりゃー、毎日毎日LEDの出ている画面とにらめっこ

してたら、細胞がダメージを受けて当然ですよね




1日目の施術が終わり、頭がスッキリ~と感じたことは

感じたのですが、相当悪いものが溜まっていたと見えて

正直、感動するほどの大きな変化はなかったように

思いました。


が…!


時間が経ってくるにつれ、ふと、鼻の奥の上顎洞から

前頭洞にかけて、大きな穴が開いたような感覚に

なっていることに気付きました。


CDR0000713969[1]


上のイラストで言うと、グリーン~紫色の範囲全てが

大幅に拡大し、その中を空気がガバガバ通り抜けている

感じがしていることに気付いたのです。

きっと、脳内に溜まったアーマや老廃物が外に流れ出る

ことでシュロータスが拡大されたのでしょう。



シロダーラの意味自体が、シロ=頭、ダーラ=流すという

意味なので、本当にオイルで悪いものが流されたんだな~

と実感しました。



ちなみに、故・幡井先生はシロダーラはお嫌いだった

そうですw 気持ち良いとは思わないと仰っていたそう

なんですが、一度だけスリランカで受けたシロダーラは

色んな色が見えて感動したとお話してくださったそうです。


人によって宇宙が見えたり、理由もなく涙があふれて

きたりするらしい…。

あなたには、どんな体験が待ってるんでしょうね?^^




2日目の

「感動!滞在アーユルヴェーダ体験談 その2 」

はこちら↑をクリック!




関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0