これでもまだ見過ごせますか?

またこのネタ!?と思われる方もいるかもしれませんが、どうしても

やりきれなくて、悲しくて悲しくて、頭から離れない大矢誠の

猫虐殺事件…。



まだご存じない方は本より、あまり興味がない方も、見たくなくて

目を逸らしている方も、正視して深く考えて頂きたいと思い、再度

記事にしました。



大矢がどんな方法で猫達を殺していたかというと、

カールおじさんこと大矢誠(おおやまこと)が猫虐待
動画で逮捕、エリート税理士の正体は2ch生き物
苦手板の有名コテハン(カルおじ)だった…




更に具体的に挙げると、


・狭い檻に閉じ込めて身動きを取れなくし、怯え苦悶して悲鳴を

 上げる子に、煮えたぎった熱湯を被毛が抜け落ちるまで何度も

 何度も何度も掛け続ける。


・バーナーで体や目、足裏を執拗に炙る。爆竹を投げ込む。


・弱って動けなくなったところを引きずり出し、ペンチで歯を折る。


・息も絶え絶えで動けず横たわるその肛門にノズルを突っ込み、

 お腹がパンパンになるまで高圧で水を注入する。


・先に輪っかの付いた棒で首を吊り、全く無抵抗な状態の子を

 煮立った熱湯の中に何度も何度も浸ける。


・これらを写真や動画に撮り、ネット上に90本以上もアップする。



通称「黒ムツ」と呼ばれている、大矢を支持する奴のブログには、

こんな目を被いたくなるようなことが書かれています。


失禁gato
初代熱湯。30秒くらいの短い作品だが、鳴き声・リアクション
ともにトップクラスの作品。

5連熱湯
カルおじ最高傑作。何度熱湯をかけられてもシャー!シャー!
と威嚇するガッツのあるgatoは黒ムツからも一目置かれている。

顔芸gato
ショコ棒を使った異色の作品。
喉を締め付けているため、鳴き声が出なかったのが残念。

8連熱湯(ハチワレ)
あまり鳴かない耐久性の高いgato

脱糞gato
神聖な捕獲器の中でクソを漏らしたgato
痙攣したgatoにカルおじの手がぴくつく。

爆竹gato
熱湯をかけられて捕獲箱の中で激しく動き回り鳴き声も秀逸。
ラストはアナルへの水攻め。

バーナー1
カルおじの新兵器、バーナー初登場。
毛を焼いた後の熱湯が200%有効なことを実証した作品。

失敗作
カメラのバッテリーぎれなのか途中で終わってしまったのが残念。

バーナー2
黒こげから真っ白い体に変身。
その様子はまるで白猫プロジェクト。

よだれgato
最初からよだれを垂らしまくりの汚らしいgato



2chでは、時系列で書かれていたようです。

一匹目 熱湯を一回だけぶっかけておしまい

二匹目 吊るされた猫が熱湯風呂に落とされて悶絶

三匹目 熱湯5回で虫の息

四匹目 妊娠してるメスが熱湯地獄で悶絶

五匹目 くだばるまで熱湯がけ

六匹目 爆竹 熱湯 ケツの穴にホースで水責め

七匹目 バーナーで焦がした皮膚に熱湯ぶっかけ 一番残酷

八匹目 熱湯で悶絶 くたばるシーンは無し





もう人間ができる所業ではありませんよね。

鬼畜と言ったら鬼畜に失礼かもしれません。

実は、あれから新たに判明したことがあります。

驚くなかれ、大矢誠は判っているだけでも2006年頃から

数えきれないほどの猫殺しをしていた


ようです。

許可なくして転載禁止と書かれているので、リンクを貼ります。


きっこのブログ 悪魔の猫殺し税理士


上記のページには恐くて残酷な描写は書かれていません。

大矢のやったことや警察のいい加減で無責任な対応、実態が

晒されていて怒りが込み上げてくる内容なので、是非お読みに

なってみてください。


判ったのが2006年ですから、実際はまだもっと前からやっていた

可能性があります。これだけたくさんの猫を殺し、人の飼い猫に

まで被害が及んでいるのに、福岡県警は被害届も告訴状も一切

受理してくれなかったというのですから、警察には怒りの感情しか

湧いてきません。

もしこの時、福岡県警が事件として扱っていてくれたら、今回の

ような事件に発展することはなかったかもしれません。


こういうのは治らない性癖ですから、例え完全に防ぐことは

できなかったとしても、こげんたちゃん事件の松原潤のように

社会的制裁を受けて、少しは大人しくしていたかもしれないのに…。



きっこのブログに掲載された2006年頃は、まだ大した危害を

加えずに遺棄する程度で治まっていたと思われますが、それが

日を追う毎に段々エスカレートし、上記のような虐殺が本当に

快楽と感じるようになり、嬉々として繰り返しやっていたんでしょう。

誰かがコメントしていました。



「楽しくて楽しくて、仕方がなかった

んだろうな~」




猫好きが猫と遊ぶのが楽しいように、大矢は虐殺をするのが

楽しくて仕方がなかったのだとしたら、これはもう人間ではなく、

人の形をした悪魔です。

今から遡ること、もう11年ですよ。

想像したくもありませんが、11年の間に毎月1匹ずつ殺したとしても

132匹です。2006年の時点で既に数えきれない数の猫を殺している

のですから、毎月1匹の筈はないでしょう。2匹でも264匹、10匹以上

だったら…4桁です!!!



ふと、大矢の背景を想像したら、背筋が凍り付きました。

何故、呪い殺されてないんでしょうね?猫達の怨念たるや、相当な

ものだと思うのですが…。

これだけの所業をやっているのですから、

罰金払って終わりとか、執行猶予付き

で釈放、お咎めなしとなったら、まだまだ

エスカレートしてもっと残酷な殺し方に

なり、そして最終的には本当に人を殺す

ようになりますよ。



魂が悪魔と化した人間は猫だけでは飽き足らず、人間へと魔の

手を伸ばし始めますから。


連続殺人犯(シリアルキラー)の共通点

・動物虐待

実に99%のシリアルキラーが、実際に人を殺める前に、まず動物に

暴力的な行為を行っている。(性犯罪者に至っては100%)

動物虐待は、殺人者の喜びの原動力となり、彼らは何とかして

より完璧な殺しを目指して、最終的に人間を標的にするようになる。



アメリカの支援団体「Animal Legal Defense Fund」は、連続殺人犯や

凶悪犯罪者などが過去に動物虐待をしていたことが多いことから、

「動物を守る目的だけでなく、動物虐待者を厳しく取り締まることで、

その残虐な行為がさらに凶悪な犯罪へとエスカレートすることを

防げる」と、規制強化の必要性を強く訴えている。



アメリカでは、動物虐待で逮捕された場合、禁固15年とかざらに

あるそうです。嘘か真実かは判りませんが、動物を傷付けた分だけ

1ヶ所につき1年増えるとか…。


イギリスで犬を虐待し、安楽死に追いやった兄弟に下された判決は、

5万弱の罰金と夜間外出禁止とあまりに軽すぎ、重刑を求める

嘆願書が50万超えだそうです。



日本はどうでしょう?

刑罰は 2年以下の懲役 、若しくは 200万円以下の罰金。

初犯の場合は執行猶予付きで釈放。



ほぼ同時期に仔猫2匹の口や肛門にチリソースを

塗りたくった後、振り回して殺した動画をアップした

北川直人は、たった20万円の軽い罰金刑で終わり

ました。


詳細は、杉本彩 オフィシャルブログ をご覧ください。



日本の法律は、本当にあり得ないです!

月並みな言葉ですが、人も動物も皆、同じ一つの命です。

もし、大矢がこれだけのことを人にやっていたら間違いなく死刑

でしょう。ハムラビ法典に従えば、大矢の命は幾つあっても

足りません。



裁判の判決は、前例を重んじます。

今回の虐殺事件が罰金刑で済んでしまうと、

大した罪にはならないと動物虐待愛好家が

今後も同じような犯罪を繰り返すことでしょう。

ですから、今回の事件を懲役刑にし、前例を

作る必要があります。

署名は多ければ多いほど効力があります。

10万筆を超えたら、法律を変える手立てに

なるそうです。

今後、このような犯罪が起こらないように、

このような犯罪者がこれ以上増えないように、

どうか皆様のご協力をお願い致します。




「大矢誠容疑者に懲役刑を求める会」を立ち上げた女性の

方からのメッセージです。


2017年9月15日 — ご賛同者のみなさま

今日、大矢誠容疑者が起訴されたとの発表がありました!

みなさまからいただいた、多くの署名が響いたことは、

間違いないと思います!

次は、裁判所です!

100000(十万)の署名を提出したいです!

提出日はまだ未定ですが、近々になるかと思います。

また、ご連絡させていただきますので、どうぞ、まだまだ

応援のほど宜しくお願い致します。





どうか、どうか、ご署名・拡散にご協力下さい。

★↓クリックすると、直接署名できるページへ飛びます↓

猫に熱湯をかけ、バーナーで焼くなどして
虐待死させた大矢誠容疑者を懲役刑に!



※クリックすると悲惨な画像が出てくるのでは…と不安に思う方が

 いるかもしれませんが、大丈夫です。可哀想な猫の画像は

 出てきません。



★↓クリックすると、直接署名できるページへ飛びます↓

「動物の愛護及び管理に関する法律」の
改正を求める署名




※ご賛同される際に、お名前とメールアドレスをご入力後、

 赤い「賛同!」ボタンの下の

 「□発信者「大矢誠容疑者に懲役刑を求める会」と連絡先を

 共有し…(略)、お知らせを直接メールで受信したい」

 のチェックを外せば、余計なメールは届きません。

 また、「署名及びコメントをキャンペーンページ上で公開」

 というチェックボックスの✓を外せば、名前は公開されません。

 変な募金をする必要もありません。

 もし不安なら、捨てアドでご登録頂いても構わないと思います。




税理士としての品位保持義務違反・信用失墜行為の禁止

義務違反として抗議をお願いします。

・日本税理士会メールフォーム

・財務省メールフォーム


・関東甲信越国税局メールフォーム




関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 5

-  2017, 09. 20 [Wed] 11:18

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

ガーネット  2017, 09. 21 [Thu] 02:32

ありがとうございます

大変、心強くなるコメントをありがとうございます。

私も、見ず知らずの人間をこれほど憎いと思ったことはないです。
何の罪もないのに残酷な拷問の末、殺されてしまった猫達のことを
思うだけで、未だに涙が溢れてきます。
どんなに恐かっただろう、痛かっただろう、苦しかっただろう…。
本当に、どんなに謝っても謝っても謝っても、あの子達の体と心の
傷は癒えないのではないかと思うほど辛いです。

署名サイトでも皆さん「同じことをしてやりたい!」と口を揃えて
コメントしています。この思いが、亡くなってしまった猫達の
救いになれば良いのですが…。

どなたかがコメントしていました。
今までは皆、「誰か他の人がやるだろうから…」という意識が
強かったから、法の改正が見過ごされてきたんだと…。
この事件を機に、皆で変えよう!変えなければ!という意識に
変換しなければ変われるものも変わらないと書いていたのを
見て、納得しました。
“誰かが”ではなく、“自分も”という意識改革が大事なんだと
思い、自分ができることを一つでもやっていこうと思いました。

そのお知り合いの税理士さんや霊能者さんにも、よろしく
お伝えくださいね。

心から感謝申し上げます。多謝。

Edit | Reply | 

-  2017, 10. 23 [Mon] 10:56

動物愛護管理法違反は時効が3年だから、まあ妥当かな。
動物殺し→人殺しは論理の飛躍。
必要十分条件とか習わなかったか寝てたあたまの残念な人なんだろうなー。
それだとパン食べた人→人殺しも成立する。

Edit | Reply | 

ガーネット  2017, 10. 23 [Mon] 20:58

No title

あなた、黒ムツですか?

>動物殺し→人殺しは論理の飛躍。

FBIの連続殺人犯プロファイリングの著名な開発者、ロバート・K・レスラー氏は、
「殺人者の始まりは、ほぼ動物の殺害や拷問に端を発している」
「性的殺人犯罪者の動物虐待の過去歴は100%である」
と発表しています。
また、テネシー州では、動物虐待で刑事事件の有罪判決を受けた者は、ウェブサイトで顔写真入りの個人情報を公開しています。
ニュージャージー州、ニューヨーク州、ペンシルバニア州などでも、同様の法案の策定が始まっています。
ドイツはマイクロチップを埋め込み、逐一監視しているほどです。
http://healthpress.jp/2016/09/post-2581.html

これでも、あなたは論理の飛躍と言い切れますか?


猫を殺したから、100%人も必ず殺るとは言い切れませんが、この男は猫を拷問し殺すことで快楽を得ていた性癖の持ち主なので、放っておけば間違いなく再犯するでしょう。執行猶予付きで世に出ること自体、間違っていると思います。
別にあなたに賛同して貰おうとは微塵も思いませんが、14万人近くの人が私と同じ気持ちで大矢の実刑を望んでいるということは、嘘偽りない事実です。

Edit | Reply | 

ガーネット  2017, 10. 24 [Tue] 17:47

犬の虐待死は懲役60年!
アメリカのマサチューセッツ州で、飼い犬を虐待死させた男に懲役60年の刑が
言い渡されました。日本も法改正が進むことを切に願います。
https://plaza.rakuten.co.jp/wizdogclub/diary/201412140000/

Edit | Reply |