すごい!の一言!Dr.サダナンダの脈診

先日、お伝えしていたように、9月10日、神奈川県川崎市にて

サダナンダ先生の脈診 を受けてきました!^^



IMG_9695-thumbnail2[1]



Dr.サダナンダ・P・サラデシュムク

インドのアーユルヴェーダ医科大学では、どこもあまり脈診を教えることに時間を割きません。なぜなら、脈診は大学教育で教えられるものではないからです。
あるレベルまでは誰でも論理を知っていればできますが、それ以上の深さに到達するには、才能と、幼い頃からの修練がないと出来ないものと言われています。

Dr.サダナンダ・P・サラデシュムクは伝統的なアーユルヴェーダ医の家系の十代目に生まれ、8歳の時から父のてほどきを受けました。脈から肉体の情報を読み取るだけでなく、心に刻まれた傷や痛みも読み取ることができる、マナサナディと呼ばれる深い脈診が出来る、インドでも希有な伝統医です。
また、ボンベイ大学のアーユルヴェーダ学科長、プネ大学の博士論文の審査委員なども歴任し、現在はワゴリにあるアーユルヴェーダ医科大学の学長を務める高い学識の持ち主でもあります。

特にパンチャカルマと呼ばれる浄化療法のエキスパートであり、西洋医学の腫瘍学者達と協力して癌プロジェクトを長年継続し、アーユルヴェーダによる癌治療の専門家でもあります。

高潔で温かい人格で慕われ、ドイツ、アメリカ、オーストラリアなど、国際的にも活躍されていて、日本にも、日本アーユルヴェーダ学会の招きで来日し、講演活動や脈診のデモンストレーションなどを続けてきました。

(Satvik アーユルヴェーダスクールHPより)



こんなにすごい先生なので、一生に一度で良いから先生の

脈診を受けてみたいと長年思っており、仕事を退職することを

きっかけに思い切って申し込んだのでした。



最初、待合室に通され、予診票のような紙を2枚渡されました。

既往歴や現病歴、今現在困っている症状等を書き、20分くらい

後に診察室に通されました(ちょっと時間が押していたようです)


因みに、前にも書きましたが、今の私の主訴は頸や背中、腰の

痛みです。20代前半の頃からずっと痛くて痛くて、整体やカイロ

プラクティック、鍼灸等に通いまくり、買った健康グッズは

数知れず…。

今でも行きつけの整体院に1~2週間に一度は通っていますが、

良く保って2週間、平均1週間。悪ければ全く痛みは変わりません。

(腕はものすごく良い先生なので、私が特殊なんだと思います)


アヌパーマ先生のカウンセリング で色々とアドバイスを受けた

ことを実行してはいますが(でも、アビヤンガとかは時間がなくて

最近サボってます(>_<))、体に慣れが生じてきたのか、最近は

体がまた段々重くなってきていました。




サダナンダ先生の印象は、ネットの画像で見たより、ちょっと

白髪が増えていて老けたかな?って感じでした。最近、写真

撮影は一切お断りしているそうなので、最近のご尊顔を拝見

していなかったせいもあるでしょう。

通訳の佐藤真紀子さんは、想像していた以上にとても素敵な

方でした^^



椅子に腰掛けると、眼鏡と時計を外すように言われ、カウンセ

リングが始まりました。女性は左手、男性は右手で脈を診る

そうです。


先生は寡黙な方で、必要以上は喋らず、かといって無愛想でも

なく、言葉では表現しにくい、何とも独特の雰囲気をお持ちの方

でした。何ていうか、平常心がそのまま服着て歩いているような

感じ…?w



先生は、最初は軽~い圧で脈を診ていましたが、2回、3回と

ちょっと指を離して脈を取り直す度に、徐々に圧が強くなりました。



「今から5~7年程前に、何か大きなストレスが度重なったことが

あるね?それが原因で肝臓の働きが低下してしまい、体中に

酸が大量に発生してしまった。その酸が体中のあちこちを回り、

停滞し、リンパが炎症を起こしている。

その為、血液の巡りも悪くなり、頭痛や腰痛、目にも問題が

起きている。背中や…腰の下の部分が特に張っていて痛い。

更年期の影響もあって、落ち込んだり、疲れやすかったり…。

消化力も大分落ちているね。

…Low Energy…(これだけは聞き取れた^^;)」




はい、全て当たってます…!

さすが、インドで5本の指に入るといわれている脈診の名医です!!


今から5~7年前と言われた時は

「確かに、その頃はたくさん色々あり過ぎたので、どれが原因に

なっているのか判りません。」

と答えたのですが、帰宅してから色々調べてみると、

正にドンピシャ!!


離婚して鹿児島に帰ってきてから、何年も嫌なことが

立て続けに起きた、激動の時期でした。


ちょっと余談になってしまいますが、離婚する前、霊能者Hさんに

「最低5年は離婚できないですね。お子さんができて、色々あった

後、5年後くらいに離婚することになると思います。」

と言われたんですが、


「こんな奴とあと5年も一緒にいられるかーーー!!!!

子供ができる前に別れたるわーーーー!!!!!」


と、どうしても我慢できずに無理を押して離婚に踏み切った結果、

その後の5年間は嫌というほど仕事で苦悩する日々が続いたの

でした。恐らく、結婚生活で喰らう筈の苦労の代償として、仕事で

ツケ的なものが回ってきたのでしょう。


この当時、勤めていた職場の看護師の生き霊から付き纏われて

体調がどんどん悪化して、今、お世話になっている整体院に

通い始めたのもこの頃でした。

この頃が一番、肉体的にも精神的にも霊的にも参っていた時期

だったのは確かです。

そうか~ あの時のストレスが元だったんだな…。



やっぱサダナンダ先生、すごいわ!!!



次に、診察台に仰向けになるように言われ、お腹を触診されました。

みぞおち、おへその左側を指でグッと押された時はメチャクチャ

痛かったです(>_<) 肝臓を始め、色んな臓器が少し腫れていると

言われました。

起き上がって座った時に、こめかみをギュッと押されたんですが、

これもかなり痛かったです(>_<)(>_<)(>_<)



その後、佐藤さんが通訳をしながら、大変驚いたリアクションを

されました。


(佐)「日によって、痛い所が変わる…んですか!?」


(私)「あ、はい。昨日は頸の左側だったのに、今日は膝が痛いとか

    3日後には背中とか腰とか、あちこち痛い所が変わりますね。」


(佐)「私、今、先生にそんなことってあるんですか?とお聞きしたん

    ですが、先生が「ある」と仰るので…。そうなんですね~!」



(私)(え?これって普通じゃないの?珍しいことなの?(~_~;) ← 心の声



この、痛みがあちこち移動するというのも、あちこちのリンパが

詰まって、流れて、また詰まって…と移動するからなのだとか…。

そうか、こういう現象は普通ではないのだな…orz



これを改善するには、ますは消化力を上げることが大切とのことで、


先ずは消化の良いものを食べること。 (うんうん(`・ω・´))

豆類はできるだけ避けること。 (豆類、好きなんだけどな…(´・ω・`))

ヨーグルトも避けること。 (はい、普段から食べてません(`・ω・´) ゞ)

辛いもの、揚げ物も避けること。 (はい、頑張ります(`・ω・´) ゞ)


というアドバイスを受けました。



あと、筋肉、ふくらはぎのけいれんや痛み等がありますか?

と訊かれたんですが、けいれんというか、よく攣るんです!と

返したところ、神経系のケアが必要と言われました。

これはアヌパーマ先生も同じことを仰っていました。

こちらのケアについては、後述しますね。



(佐) 「目の前が真っ暗になる立ちくらみ…もありますか?」


(私) 「はい、しゃがんでいて立ち上がった時、寝ていて

     起き上がった時とか、目の前が真っ暗になるので、

     暫く動けなくなりますね。」


(余談ですが、整体の先生曰く、頸椎の3~4番に問題がある人は

殆ど、ひどい立ちくらみがあるそうです。勿論、私もそうです。)



(佐) 「…睡眠不足とかの影響もあるようですね。」


あ~、はい、ご名答です。すみません(~_~;)




色々と話をしながら、「毎日のアドバイスシート」なるものに赤の

ボールペンでチェックを次々と入れていく先生。

先のアドバイス以外に、様々なドリンクを作って飲むことを指導

されました。そして、インドに3週間のパンチャカルマを受けに

来なさいとも言われました。

取り敢えず、今のところ、パンチャカルマを受けられる体力は

あるようなので、安心しましたC=(^◇^ ;



大体、30分くらいで終了し、椅子から立ち上がろうとした時でした。

突如、先生が


「ご両親は、良い人でしょう?」


と訊いて来られました。


「………σ(¨ ) …いや、全然ww」


ちょっと笑う先生www 言葉を選ぶように暫く考えた後、

両手でギュッ!ギュッ!と拳を強く握りながら、


「ご両親もあなたも皆、強いでしょう?3人が3人とも皆、

将軍気質ですね。 “No Soldier” 家の中に将軍が3人いて、

誰も兵士(従う人)がいない。」




'`,、 (; ゚∀゚)'`,、 '`,、


大当たりです、先生!!

てか、何でそんなことまで判っちゃうんですかーーー!?

やっぱ、サイキッカーでしょう!?先生!!!


と思ったんですが、私がピッタがとても優勢なので、両親の血も

ピッタが濃いと診断したのかな…?と勝手に推測しました^^;



いや~ しかし、本当にすごい!の

一言でした。




そしてこの後、Satvikアーユルヴェーダスクールのスタッフさんに

よる的確なアドバイスをじっくり受けたんですが、長くなって

しまったので、次の記事でご紹介しますね^^




関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0