反省どころか恫喝する始末…

アーユルヴェーダネタは何処へ行ってしまったのかと思われても仕方ないほど

大矢誠のネタばかり書き続けています。 …すみません。


あまり興味がない方のほうが多いのは存じているんですが、今までで一番

腹が立ったので、敢えてご紹介させて頂きます。



糞大矢夫妻
大矢夫妻2’


井上さんの FBはこちら です。

Twitter でもツイートされています。



まぁ、元から反省などしていないと確信はしていましたが、責めてこういう時くらい、

一礼して足早に逃げるとかするなら、まだ可愛気があるというものですが、夫婦で

示し合わせて警察に逃げ込み、玄関に入った途端、一変し恫喝するなど、

どう考えても普通ではありません。

最初に週刊女性の記者さんが取材をしようとした時も交番へ逃げ込みましたが、

今度は警察署。殺された猫達は、逃げたくても逃げられなかったのに。


嫁も嫁ですね。

大矢と一緒に猫を捕まえていたという噂があるのですが、この行動からして

間違いなく嫁は幇助していたでしょう。



鞄を掴んで受付まで引きずり込むというのは、十分 暴行罪 に当たります。

暴行罪

“普通の人”なら、周囲から眉をひそめられたりするだけでも後ろめたい

気持ちになり、世間を歩くことが億劫になると思うのですが、大矢は罪悪感

などなく、自分が 被害者 という意識しかないので、こういう行動が平然と

取れるのでしょう。



警察は、大矢の方からの訴えなので、それに答える義務があるということで

井上さんは録画したものを削除し、もう付き纏わないよう、これ以上同じことを

したら逮捕もあり得ると注意されたそうです。(実際は、録画はしていなかった

そうです)

keisatu.png


そして、驚いたことに何と、大矢の事件のことを知らない警察官もいたそうです。

地元警察なのに…あり得ません。


この後の警察官とのやり取りをまた書くと仰っていましたので、続報を

待ちたいと思います。


あ~ 胸糞悪い。





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0